banner

はたして白髪染めは危険なのか?

体内に取り入れるわけではなく髪を染めるだけなのだから、白髪染めには危険がない。このように考えている人もいますが、必ずしもそうとは言えません。ヘアカラーの場合は髪の中に直接成分を染みこませるので、使われている成分によって副作用が起きてしまうことがあります。
ヘアカラータイプの白髪染めには、パラフェニレンジアミンやパラアミノフェノールという成分が含まれています。これはアレルギー反応を起こす物質で、身体にあわない人が使うと大変なことになってしまうのです。アナフィラキシーショックが起きてしまった場合、死に至る可能性もあるほどです。
このようなことから、現在はこういう物質を使わない白髪染めが主流になってきています。若々しく見られたいからといって、自分の命をリスクにさらしてはいけません。
従来品に比べて染まりにくいのですが、身体への影響は一切ないどころかトリートメント効果が得られる白髪染めもあります。どうしても気になるという人は、身体に優しい白髪染めだけを使うようにしてください。
白髪染めの相性は、実際に使ってみなければわかりません。アレルギー反応物質が配合されていなくても、パッチテストしてからにしましょう。

Copyright(c) これでわかる!白髪染め. All Rights Reserved.